理学療法×ピラティス×力学セミナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法×ピラティス✖️力学セミナー 2017

 

去年、好評をいただいたセミナーをバージョンアップさせ開催したいと思います。

ピラティスをどの様にして臨床に応用していくのか。

またなぜピラティスのエッセンスを取り入れることで効果が期待できるのか?

実技を通して、力学的側面から解説していくことでピラティスに対して理解を深めていくセミナーです。

ピラティスを行うことで、しなやかな動作が獲得できる理由を力学を通して理解が深まれば幸いです。

 

・ピラティスコンセプトとは。
・関節アライメントの評価
・上下肢と体幹のリンクについて
・呼吸機能・体幹機能の評価
・姿勢・動きの評価
などを基に
体幹と上下肢をリンクさせて、
効率的な動きを獲得していく、一連の臨床展開を  ご紹介だけに留まらず、
それを臨床で実践できるまで  じっくりとご教示していただく所存であります。
少人数 かつ、実技の時間を多く設けます。
是非この機会にご参加して頂きたいと思います。

内容:
Session1 ピラティスとは。(座学) エクササイズの紹介(実技)
      力学とは。力学的に効率の良いカラダの動かし方(座学・実技)

session2  エクササイズの紹介(実技)・ 身体をつなげるための準備(実技)
        四肢の効率的な動かし方/上半身重心、下半身重心と床反力の関係性と有効な使い方
      ピラティスのエクササイズについての力学的解釈(座学・実技)

Session3  身体をつなげるための準備(実技)
       身体をつなげた後の変化を内観しながら感じてエクササイズ(実技) 
    ピラティスで気づくための力学的な考え方/エクササイズにおける力学的な意識の向け方

Session4 ピラティス×力学 実践(グループワーク)

Session5 1~4の復習

講師紹介:
松田早奈恵 (からだコンディショニング匠)

 資格:理学療法士
Pilates コアインテリジェンス(Marie JoseBlom-Lawrennce)
Pilatesリーダーシップコンセプト最終モジュール認定(Marie JoseBlom-Lawrennce)Crowne Pilatesマット認定
fusion Pilates産前産後のケア&コンディショニング(Jennifer Gianni)
ビューテーペルビスプロフェッショナル終了

 

斉藤 嵩 (小野整形外科 前からだコンディショニング匠)
資格:理学療法士、保健医療学修士(バイオメカニクス専攻)

以下講師コメントです。
松田 早奈恵
・動く⇔感じるピラティス 
『無駄な力を抜いて楽に立つ・動く』このためには心とカラダをコントロールすることが大切です。今回のピラティスでは、ピラティスの形には拘らずに行っていきます。初めはに行うのは、ピラティスを行うための感じる身体作りとして、足部、股関節、肩甲帯を中心に一人ひとりにあった調整です。さらに、個々のニュートラルからカラダ(下肢⇔体幹⇔上肢)をつなげていき、これによって、コアの入りやすい身体を作ります。コアの入りやすくなった身体でピラティスのエクササイズを行うことで新たな気づきを得ることができるでしょう。最後には『カラダの声に気づくコト…』を目標に進めていきたいと思います。

斉藤 嵩
・ピラティスと力学 
ピラティスで動くということは身体に何かしらの変化がおきます。その一つとして、インナーマッスルやコアなどの体幹に効果があるといわれていますが、なぜ効果があるのでしょうか?このような点を力学的な観点から説明いたします。身体の感覚や意識が変化しただけでも、身体には変化が起き、結果的に身体にかかる力の変化が起こります。よって、心とカラダを変化させるピラティスでは身体にかかる力の変化が大きいのです。ピラティスの動きや感じたものについて身体にかかる力はどう変化したのかを理解していただき、体の動きについて考えるキッカケとなっていただければと思います。 もっと見る

 

日時

平成29年

5月28日 7月30日 8月20日 9月24日 10月22日(全て日曜日)

時間:9:30~14:00 (昼食なし)

場所: からだコンディショニング匠 東京都台東区浅草7-1-7

定員: 8名

参加費:39000円

申し込み:asakusa1975@yahoo.co.jp  セミナー係り